表面部分は温まるけれども、体の芯まであたためることができなくなってしまうため

冷え性対策のコツは様々で、自分なりの冷え性対策をしている人が多いだ。

自分なりの冷え性対策で規則正しいコツならいいけれども、中には異なるコツをしている輩もいる。

冷え性崩れをさせないためにも異なるコツを分かり行わないようにください。

 

どのコツが異なるのかというと、可愛くやりがちなのが寝入る時も靴下を履くことです。

足が冷えているからこそ温かくするために靴下を履こうとするのは、連想としては間違っていません。

ただし、靴下は足を圧迫してしまうため、血管を潰し小さくしてしまうため血行が悪くなります。

足をあたためるために血が必要としているのに血行を悪くしてしまうのは逆効果だ。

 

あまり異なるコツが、熱いお風呂に入ることです。

カラダが冷えてしまっているから激しくとして仕舞うけれども、熱いお風呂は長く浸かることが出来ません。

表面部分は温まるけれども、体の芯まであたためることができなくなってしまうため、冷え性前進ができていません。

また、熱いお風呂はのぼせて仕舞う危険を高めてしまい、溺れてしまうなどの公算がありよくありません。

 

これら異なるコツは、逆効果ですし場合によって具合を悪化させるケーので、ふさわしいコツをわかり行っていくようにしてください。ハンディコミックについて解説しています