ミカコには興味深い芸風

ハイスクールの時に奴隷になったアニメが矢沢あいちゃんが描いた「ご身近お話」だ。

矢沢あいちゃんの作品はどれもハイカラで眩しいのですが、その中でもこういうアニメは私において特別的カタチとなりました。

 

こういう筋道は、ヒーローの乙女「ミカコ」といった幼馴染です「ツトム」との人付き合いを描いてある。双方が望みにかけて要る途中に芽生える、色んな試練や心の葛藤。。その描きほうが切なく辛く、ここまで涙してしまうほどビックリだ。

 

ミカコは小さい頃から考えが著しく、我欲で自分の機嫌を賢く陳述では謳い文句できません。たまたま口が悪くなってしまったり誤解を招いてしまう。けれども、恋人のそういう場が共感を持てました。殊に気になる顧客にはそっけなくしてしまって、素直になれないところは自分にごっそりでした。

それと相手的ツトムは、優しくてあからさまでお進度ヒューマン。いつもツトムの周りには顧客が集まっているような呼び物だ。ミカコは全然正反対なので、同じように育ってきてどうしてこれ程違うのか・・・という不思議になるほどだ。

ミカコには興味深い芸風(?)というのがあって、自分自身が何か思い詰めたり、クヨクヨ悩み出すって、それを取っ支払うようにイメージチェンジをします。

そのやり方が本当にユニークで(笑)読んでいるこちらは何度も驚かされました。あんな気晴らし法もあるんだなーといった感心してしまいました。

また、最終回でのツトムの実践が私は大好きです。ミカコにおいて、望みってツトムが如何なるカタチであるのかが鮮明に描かれてある。

今でも青春を思い起こしたい時代、読み返してある。