例年苦しむ日傘の色あい。今夏は白の日傘・黒の日傘どっちにする?

日傘を選ぶときにどんな規約で選んでいますか?黒色の日傘にするか、白の日傘にするか迷いますよね。けれども黒色の日傘といった純白の日傘ではUVをカットする手法が違うのを知っていますか。特に黒色の日傘はUVを吸収してUVをカットします。ただ日傘の外見にUVが残ります。UV=強い面倒(情熱)なので、黒色の日傘は涼しさという点ではなんとなく白の日傘には劣る近辺があります。一方純白の日傘は傘の外見でUVを返照決める。ただしUVは何も前述からだけ降り注いでおるわけではありません。そんなに照り返しだ。壌土から照り返してきたUVは白い日傘の内面で、ビリヤードの玉のように反射してしまう。白の日傘の中央は、まぶしくて日焼けしやすい状態になってしまう。ならば如何なる日傘を選べばいいのということになりますよね。完全日傘は外層が白くて内面が黒い日傘です。もう一度こういうロサブランの日傘は絶対遮光の一級日傘だ。まさに使ってみると今までの日傘についてちゃんと涼しいです。日傘の寿命はたいてい3~5年だと言われています。日傘を買い換える際には必ずこういうロサブランのネットにおいてみてくださいね。